家庭でできる最高のキャリア教育

お子さんに必要なキャリア教育

今では一般的な用語になったキャリア。

以前は「キャリア組」「キャリアアップ」「キャリアウーマン」という言葉の中で使われていました。

これらは高級官僚や専門職に就く人のことを指し、主に他者よりも高い地位や報酬を目指す職業上の前進を意味するものでした。

しかし、時代が進み、現在使われている「キャリア」の定義はどのように表現されるべきでしょうか。

キャリア心理学の専門家は様々な定義を主張していますが、一読して分かるような分からないような内容です。

そこでわたしは、「キャリアとは人生そのもの」と定義しています。

ここから、キャリア教育とは、より良い人生にするための学びと捉えることができます。

これは職場においてより良い地位や報酬を目指すだけの教育ではありません。

どうやって生きていくのか、どのような人生にしたいのかを考えることに他なりません。

 

最高のキャリア教育とは

「最高」という言葉から、すごいものが出てくるような印象を持たれてしまうかもしれません。

しかしこれは至ってシンプルなものです。

それは何かというと、

お手伝いです。

 

拍子抜けしてしまったでしょうか。

私はお手伝いこそが最高のキャリア教育だと考えています。

なぜなら、子どもの生きる力を育てることができるからです。

 

ここで一つの問いがあります。

人間は一人で生きられるのでしょうか?

生きられる!と答える人もいるでしょう。

しかし、多くの人は生きられないと答えるのではないでしょうか。

私も生きられないと答えるうちの一人です。

一人で生きられないということは誰かの力や助けが必要になることを意味します。

もちろん自分が誰かを助けることもあります。

助けたり助けてもらったりを繰り返すことになります。

つまり、誰かと協力したり助け合わないと生きていくことができないのです。

 

こうしたことをお手伝いをすることによって学ぶことができます。

しかし、お手伝いから得られることは他にもたくさんあります。

また、お手伝いをより良いキャリア教育にするためのコツも必要です。

お子さんのキャリア教育にご関心のある方は、是非続編もお付き合いください。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。