日本に行こう!

Victory Vocational School

わたしたちのミャンマー日本語学校

AOI management Group の日本語学校 Victory Vocational School では、日本で働きたいミャンマー人が一生懸命日本語を学んでいます。

先日、弊社のスタッフからこんなものが送られてきました。

 

何て書いてあるのか分かりません…。

何て書いてあるのか分かりません…。

 

例によって、ミャンマー語で書かれています。

なので、いつものことですが、…

何が書いてあるのかさっぱり分かりません(汗)

心配です…。

 

日本語学校 Victory の文字やロゴがあるのは分かります。

AOI Management と書かれていることも分かります。

あ、でも Management は「management」と書いてほしかったんだけどなぁ。

 

スタッフに尋ねました。

「何て書いてあるの?」

すると、こんな返事が。

「『AOIがみんなを日本に連れていく』って感じのことが書いてあります。」

 

ええええ!

連れていくって、連行!?

それじゃ、人さらいじゃないか!

うちは人身売買はやってませんよ。

 

スタッフに言いました。

「そんなことを書いては困る。」

すると、こんな返事が。

「『 Victory は AOIと一緒になった』ってことも書いてあります。」

 

一緒?

あ、共同経営ってことね。

それなら意味は分かる。

 

スタッフに言いました。

「生徒さんたちは、みんな日本に行きたいの?」

すると、こんな返事が。

「はい。全員です。63歳の生徒も日本に行って働きたいと言ってます。」

 

えー!

63歳!

もう、その熱意には頭が下がります。

でも、就職はちょっとねぇ…。

 

もちろん若い生徒がほとんどです。

日本で働くことを「夢」と考えている生徒が大勢います。

「夢」を持たない若者が多くなったと言われる中、ミャンマーには明確に「夢」をもっている若者がいる。

ひらがな、カタカナ、漢字まであって、面倒くさそうな日本語を一生懸命勉強している。

だから、自然と応援したくなります。

 

よーし、もっともっと、AOI はみんなを応援するぞー!

一緒に頑張ろう!

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属しますが、弊社に無断で転用、複製等することは大歓迎です。著作権法をご理解のうえ、バンバン拡散してください。

 

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。