日本語学校閉鎖中

Empty Room

私たちのミャンマー日本語学校は、本日も閉鎖中です。

Empty room

誰もいなくなった教室

見てください。

だ~れもいません。

あれだけ賑やかだったのが、ウソのようです。

コロナの影響を受ける前は、ここで毎日日本語の授業が行われていました。

みんな日本で働くという夢を持って勉強していました。

それが今は…。

 

Gary Moore(ゲーリー・ムーア) の『Empty Room』が聞こえてくるようです。

Empty rooms, where we learn to live without love~♪

…love??

love じゃない!

love じゃなくて、日本語を学ぶ生徒がいなくなって、寂しいってこと。

こんな Empty Room はイヤだ。

 

早く再開したいのですが、未だミャンマー政府のゴーサインが出ていません。

5月30日には、日本語学校のあるミンガラータウンニュン地区でも8名の感染者が出たと発表されています。

ミャンマー政府の方針により、少なくとも6月15日までこの状態が続くことが決まっています。

もしかしたら、あと1か月はこの状態を続けることになるかもしれません。

 

弊社だけでなく、民間の日本語学校を経営しているところは大変です。

生徒からの収入がなくなる一方、建物の賃借料、講師への給与などは支払わなければなりません。

うちの学校はヤンゴンの一等地だからボディブローのようにジワジワ効いてきます。

講師の給与水準はミャンマーでトップクラスです。

今では何の自慢にもなりません。

コロナが去ったときに、弊社の財務状況が心配です。

大家さーん、家賃負けてくださーい。

そう簡単に首を縦に振るはずもなく…。

 

こんな状況でも、生徒のみんなは日本で働く夢を失ってはいけない。

大丈夫。

必ず学校は再開する。

再開したときは授業料をアップして、じゃなくて、みんなの日本語能力がアップするようにガンガンレッスンするからね。

だから、もう少しだけ辛抱しよう。

 

またみんなと勉強できる日々が待ち遠しい

 

そして、この教室で、またみんなで日本語を勉強しよう。

夢を叶えるために。

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。