【YouTube】日本語学校★再開しました。

お待たせしました

長らく閉鎖されていた私たちの日本語学校が、ようやく再開できることになりました。

よかった、よかった。

でも、ミャンマーのコロナの影響が気になります。

そこで、WHO(世界保健機関)の統計を調べてみました。

すると、現時点でのミャンマー国内での新型コロナウィルスの感染者数は343人、死亡者数は6人となっています。

この数字の信憑性については異論が予想されますが、額面通り評価する限りではウィルスの封じ込めに成功しているように思えます。

どうやらやや厳し目の政策が功を奏したようです。

 

ただ、学校が再開されても、以前の日常に戻ることはできません。

感染防止対策をした上での運営になります。

手洗い、消毒、マスク、ソーシャルディスタンスとやるべきことはいろいろあります。

そこは、学校経営者として責任を果たしていかなければなりません。

もし、学校から感染者が出てしまったら…、それはもう大変なことになります。

 

このような状況なので、日本へ行くことを希望している生徒たちのモチベーションが気になります。

日本政府は、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの各国とは、出入国制限を解除することを決定しました。

しかし、ミャンマー・日本間の出入国は閉ざされたままです。

ミャンマー政府は、7月31日までヤンゴンの国際空港を閉鎖することを決めています。

この状態は、8月以降も継続される可能性があります。

もしかしたら、年内の往来はできないかもしれません。

 

まあ、これは政府間の仕事です。

私たちがアレコレ考えてもどーしよーもありません。

そうですよね?

じゃあどうするのか…。

 

心配ばかりしていても仕方がないので【動画】をアップすることにしました。

この動画は、再開以前に撮影したものです。

こんな感じでまた生徒が集まって来てくれたらうれしいですね。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。