【お詫び】申し訳ございません

弊社提携の送出機関がライセンス停止処分を受けました。

皆さまに、お詫び致します。

弊社が提携しているミャンマー政府認定送出機関の Shwe Lwin Lwin Trading Co., Ltd ですが、6月26日から半年間、ライセンスが一時停止されることになりました。

 

 

これにより、本年12月25日までの期間、同社からミャンマー人材を日本へ送ることはできなくなりました。

関係各位、ご支援くださっている皆さまには、大変申し訳なく言葉もございません。

心よりお詫び申し上げます。

 

ライセンスが一時停止された理由ですが、法令に違反したとか、特段悪質な業務を行っていたとか、そうした理由ではありません。

実は、ミャンマーの送出機関がライセンスを受ける条件として、「ライセンス発行日から1年以内にミャンマー人材を提携国に遅れなかった場合にはライセンスが一時停止される」ことになっています。

下記ライセンス状の中に、その文言が謳われていることが確認できます。

 

 

弊社提携の Shwe Lwin Lwin Trading Co., Ltd がライセンスを停止されたのは、この文言のとおり、日本にミャンマー人材を送れなかったことが理由です。

また、今年に入ってからはコロナ禍により、各国が海外渡航禁止措置を取りました。

そのため、同社と同じようにライセンスを一時停止される送出機関は、例年よりも多くなってきています。

そうした背景もあったことは事実ですが、だからと言って、殊更にこれを取り上げて責任を転嫁するつもりはございません。

まずは、皆さまにお詫びを申し上げ、それから別途提携できる送出機関を急いで探す次第です。

 

今後、新たに提携できる送出機関が見つかり次第、またご報告させていただきます。

この度は、本当に申し訳ございませんでした。