【日本語学校】生徒が書いた日記を読んでハラハラドキドキ

Khaing Ko Win 君の日記

私は、ミャンマーにある日本語学校の生徒たちとゆる~く交流しています。

FB Messenger App のチャットを使って、質問等を受け付けています。

日本語学習の質問だけでなく、「いま にほんは なんじ なんぷん ですか」とか、「きょうは さむいですか」なんて質問もきます。

グループチャットになっているので、25人の生徒が全員閲覧できるようになっています。

25人と交流していると、その中で積極的な生徒とそうではない生徒が徐々に分かってきます。

あくまで授業の補助的なものなので必須ではありませんが、中にはとても積極的な生徒がいます。

 

先日、ある生徒が、自分が書いた日記を見てほしいということで、その写真を送って来ました。

生徒の名前は、Khaing Ko Win 君。

グループチャットの中でも、ぐいぐい質問してくる生徒です。

「にほんのじょせいは きれいですか」なんて質問もしてきます。

そうですよね。

そこ気になりますよね。

健全な男子であることが伝わってきます。

 

日記を公開します

さてさて、彼の書いた日記を読んでみましょう。

もちろん、本人から承諾を得た上でのことです。

こちらが彼の日記です。

 

Khaing Ko Win 君が書いた日記

 

タイトルは、土曜日と日曜日。

まず、とてもしっかりした字を書いていると思いました。

丁寧かつ自信を持って書いている印象です。

えーと、季節は冬ですが、あまり寒くないようですね。

さすがはヤンゴンです。

日中の気温は30度を超えます。

日記のとおり、朝晩もそれほど寒くはないと思われます。

 

トイレ、ベッド、クラスは、ちゃんとカタカナで書いてありますね。

朝食のあと、友だちと映画をケータイで見るところは、現代っ子らしいと感じます。

9時から日本語の練習をしたんですね。

この日は12時にふろに入って、1時から3時まで手紙の書き方を習ったようです。

ちょっと気になるところですが、昼ごはんと晩ごはんを5時に(まとめて)食べたと書いてありますね。

なぜ昼ごはんを12時に食べなかったのか?

あ、その時はふろに入っていたんですね。

まあ、いいでしょう。

食事のあとは、宿題をして、11時に就寝と。

土曜日は終わりました。

 

次は日曜日です。

この日は、彼の誕生日のようです。

おめでとう!

でも、誕生日の朝ごはんは抜いたようです。

それから、午前10時から午後4時まで、日本語を先生から習ったのですね。

日曜日にこんなに勉強するとは驚きです。

誕生日の特別レッスンかな?

また、ちょっと気になるのですが、この日は誕生日であるにもかかわらず、ここまで一度も食事をしていません。

WHY?

Khaing Ko Win 君、お願いだから食事だけはしっかり食べようよ。

 

そして、やっと晩ごはん。

今日はじめての食事です。

えーと、米と鶏肉料理を食べたようですね。

いいですね。

それから7時にシャワーを浴びて、12時に就寝と。

 

いくつか分からないところがありました。

「ときどきさむいから、そのごとをしません。」ってところ。

「そのごと」って何かな?

「しゅくだいをしますから、つかれます。」って、そりゃ疲れるよね。

いやいや、そうじゃなくて。

ちょっと待ってよ。

宿題なんてどうでもよくてさ。

そもそも今日は君の誕生日だったんだよね。

もしかして…

誰からも祝ってもらえなかったの?

朝も昼もごはんを食べてなかったことは気になっていたけど、実は食欲がなかったとか…。

これって、もしかして、悲しい日記?

まさか涙を我慢しながら書いたとか?

 

心の中をそのまま日記に書くことは難しい

私は、何度も日記を読み返しました。

彼はどんな気持ちでこの日記を書いたのだろうか。

日本語の勉強に一生懸命になりすぎて、誕生日すら蔑ろにしてしまうなんて。

一日くらい勉強しなくたって大丈夫なのに。

明日試験があるわけじゃないでしょ?

 

私は、どんなメッセージを書いたらいいのか迷いました。

なかなか返信できないでいると、写真が送られてきました。

 

みんなから誕生日を祝ってもらい笑顔の Khaing Ko Win 君。

あら?

机の上にケーキがあって、そこに Khaing Ko Win 君が座っている。

ケーキがあるってことは、これは誕生日ケーキ…。

部屋を暗くして、今まさにローソクを吹き消そうとしてる。

そうだったんだ。

ちゃんと祝ってもらったんだね。

良かった良かった。

安心したよ。

 

照明をつけて、吹き消したローソクを抜いて

朝ごはんも昼ごはんも抜いたのは、もしかしてこのためだったのかな?

もしかしたら、サプライズだったのかもしれません。

日記には、このサプライズを書いてほしかった。

うれしかったことを書くことは、きっと良いトレーニングになります。

でも気持ちについて書くことは、まだ少し難しいかな。

 

ちょっと心配したけど、良かった良かった。

Khaing Ko Win 君、お誕生日おめでとう!

これからも日本語の勉強頑張ろうね。

 

無事誕生日を迎えられたことをお釈迦様にご報告

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属しますが、弊社に無断で転用、複製等することは大歓迎です。著作権法をご理解のうえ、バンバン拡散してください。

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。