イソップ寓話「三人のレンガ職人」をめぐる冒険

なかなか見つからないイソップ寓話「三人のレンガ職人」

イソップ寓話の『三人のレンガ職人』をご存知でしょうか。

Googleで「イソップ 三人のレンガ職人」で検索してみると、15,000件以上ヒットします。

これは日本語での検索ですので、英語であればもっとヒットするのかもしれません。

実際多くのサイトでイソップ寓話の三人のレンガ職人が紹介されています。

教育関連会社、社員研修会社、学校の校長先生、経営コンサルタント、税理士、弁護士、実に様々な職業の方がこの話を引用されています。

それだけ有名なお話ということなのでしょう。

 

私もこの物語を何となく記憶していました。

人材育成にも有益なお話であると認識していたように思います。

ただタイトルを思い出せなかったためインターネットで調べたのが事の始まりでした。

 

改めてインターネットで調べたところ、イソップ寓話の「三人のレンガ職人」というタイトルであることが分かりました。

ただ、ネットに掲載されているお話は大筋は似ていても細部は異なるものでした。

引用の仕方も様々です。

 

実際どういう物語なのか知りたくなりました。

そこで、一度その物語を直接読もうと思いイソップ寓話(物語)を図書館で借りることにしました。

私は板橋区立中央図書館で『イソップ寓話集』 (岩波文庫:中務哲郎訳)を借りて読み出しました。

いろいろな動物が主人公として登場するショートストーリーで470話ほど収められています。

一通り目を通すのにいささか時間を要しましたが全ての物語に目を通しました。

しかし、『三人のレンガ職人』の物語は見つかりませんでした。

そんな訳はないと思い何度も読み直しましたがやっぱり見つかりません。

 

実はイソップ寓話はたくさんあって、この名がタイトルに付ている本はたくさん出版されています。

そこで可能な限り図書館のイソップ寓話(物語)関連本を探してみました。

こども向けの本も読んでみました。

でも見つかりませんでした。

国立国会図書館のサイトで検索してみました。

それでも該当する本を見つけることはできませんでした。

 

図書館職員さんの協力

こんなに有名な物語なのに探し出せないとは。

しかし、ますます読んでみたいという気持ちになりました。

袋とじにされていると余計に見たくなるというあの気持ちに似ています。

絶対見てやる!

闘志が湧いてきました。

これはもしかして各図書館で極秘資料として隠されているのかもしれない。

行政の陰謀か?

私の三人のレンガ職人をめぐる冒険はこうして始まりました。

 

冒険には仲間が必要だ。

そこで、はじめて図書館のレファレンスサービスを利用することにしました。

職員の方に概要を説明し、探していただけることになりました。

援軍を確保しました。

さっそく数冊用意していただいたのですが、その中からも見つけることはできませんでした。

探し出すには少し時間が必要とのことで、さらに職員の方を動員して探していただけることになりました。

専門家が探すのだから発見されるのは時間の問題だろう。

そう思いながら図書館をあとにしました。

 

イソップ寓話の中に三人のレンガ職人の話はない!?

後日、職員の方からお電話をいただきました。

回答は、「イソップ寓話の中に三人のレンガ職人の話は見当たらない」というものでした。

職員さんもこの話をご存知で、当初は簡単に見つけられると思ったそうです。

しかし見つけられなかったとのこと。

あれだけネットに掲載されている話がないということがあり得るのだろうか?

にわかには信じられませんが、図書の専門家が時間をかけて探した結果がそうだというのであれば信じざるを得ません。

私は職員さんに感謝を伝え電話を切りました。

 

そんなことがあるのでしょうか。

ネット上では実に多くの方が引用されています。

ある中学校の校長先生のメッセージをPDFで掲載している学校もあります。

しかも多くのサイトで「イソップ寓話」にあると記載されています。

これだけ有名な話が見つからないのはなぜなのでしょう。

本のカバーと中身が入れ替わっていたのでしょうか。

謎は深まります。

 

ただ職員さんはある可能性を私に教えてくれていました。

三人のレンガ職人をめぐる冒険は続きます。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。