ヤンゴンで出会った天才少年

天才少年現る

ボージョー アウン サン マーケット

ヤンゴンの市場(ボジョーマーケット)である少年に声をかけられた。

「お兄さん日本人でしょ?」

(お兄さんではないが、日本人ではある。)

(お兄さんって呼ぶなんて、この子はかなり商売慣れしているな…)

(しかし、古今東西こう呼びかけたりするものなのだろうか?お姉さん、とか…)

心の中でブツブツ言いながら歩いていたのだが

とても流暢な日本語だったので思わず反応してしまった。

「日本人だとどうして分かったの?」と聞くと、

「声をかけてみただけだよ。」と答えた。

「なーんだ」ってつまらなそうな反応をすると、すかさず

「ぼく日本に行ったことあるよ。日本が好きなんだ。」と続ける。

「君、日本語が上手だね。名前は?」

「ショーヘイ!」

「日本人かよ!」

もちろん彼にはちゃんとミャンマーの名前がある。

ミャンマーには日本でいう苗字がない。

彼に興味が湧いてきた。

 

「日本語はどこで覚えたの?」

「お寺でお坊さんに教えてもらった。そのお坊さんが日本に連れて行ってくれたんだ。」

とにかく日本語が流暢だ。

「でも漢字が読めないんだ。漢字は難しいね。」

「漢字が読めなくても、これだけ会話ができることはすごいことだよ。」

と誉めると

「ぼく、English, Germany, Chinese もできるよ。」

驚いた。

彼は15歳。

市場で客引きをやっている。

母国語であるミャンマー語を含めて5ヵ国語ができるのだ。

ドイツ語、中国語はスマートフォンを使って何かの語学番組で覚えたのだそうだ。

英語も楽しんでいる。

 

彼と出会ってあることを思い出した。

昔、沢木耕太郎の『深夜特急』を読んだとき、シルクロードの交易地で多言語を操る商人が出てきたことを。

挨拶や交渉のときに必要な会話をマスターしている。

しかし、読んだり書いたりすることはできない。

商売に必要な範囲で多言語を話すことができる。

そんな記述があったような。

 

しばらく彼のドイツ語を聞いたあと、彼は日本語を話し出した。

「日本で働きたい。20歳になったらトヨタの工場で働きたいんだ。」

まるで訴えているように聞こえた。

「君は大学に行って勉強するつもりはないのかい?」と聞くと、すぐ働きたいのだと言う。

いろいろ事情があるのかもしれない。

根掘り葉掘り聞くことは控えた。

 

彼は私が泊っているホテルの名前や値段を聞いてきた。

隠す必要もなかろうと思い素直に教えると、ホテルの格付けについて話し出した。

そのほか外国人旅行者のことや交通事情のことなどを話してくれた。

なんだかタクシーの運転手と話しているような気分になる。

全然子供っぽくないのだ。

子どもの姿をしているだけで中身はおっさんではないかとすら思った。

 

私は話題を変えようと思った。

「好きな音楽は?」

「さくら。知ってる?」

「もちろん知ってるさ。日本人で知らない人はいないよ。」

日本の代表的な童謡を知っているとはさすがはショーヘイだ。

琴の音色も好きなのだろうか。

彼は高度な教養の持ち主なのかもしれない。

私が関心していると、彼はスマートフォンを取り出して歌い出した。

「さくら~、さくら~、いまさきほこ~る~」

あれ?

これは森山直太朗さんの歌じゃないか。

しかも上手だ。

いい声をしている。

彼はこの歌が大好きなのだ。

 

他にはどんな曲が好きなのか聞いてみた。

すかさずスマートフォンで選曲し

選んだのはこれだ↓

 

ピコ太郎はミャンマーでも知られていた。

 

彼はスマホを片手に陽気に踊り出した。

すごいぞショーヘイ。

「学校で流行っているの?」

「流行ってないよ。」

「学校のみんなはこの歌手(ピコ太郎)を知ってる?」

「知らないと思う。ぼくが好きなだけだよ。」

Youtube で見つけたそうだ。

 

彼だけがスマートフォンを持っているわけではない。

世界で何億もの人たちが持っている。

しかし、使い方は人それぞれだ。

私はネットよりも本を読んでいる時間の方が圧倒的に長い。

無限に存在する情報にアクセスできるにもかかわらず、彼のような使い方をしていない。

一方、彼はネットを利用して多言語を扱えるようになり、日本やアメリカの音楽シーンを楽しんでいる。

同じデバイスを持ちながら、その活用の仕方で身に付くものが大きく変わってくる。

スマホ1台あれば世界とつながっていて、使い方によってその人の未来が大きく変わると感じた。

彼は上手な使い方をしているように思う。

将来間違いなく有利に働くときが来るだろう。

彼はそんなことは考えていないのかもしれないが。

 

私はショーヘイを通じてミャンマーのポテンシャルに気付いた。

彼は特別な学校に通っているエリートではない。

それでも語学のセンスは高いと認めざるを得ない。

学習する環境さえあればものすごい力を発揮するのではないかと思う。

いや、そんな環境がなくたって既に力を発揮している。

ミャンマーはすごい国なのかもしれない。

私はミャンマーとご縁が持てたことに感謝した。

 

将来日本へ行きたいというショーヘイが、ちゃんと日本とご縁が持てるように5円玉を渡そうと思った。

財布をゴソゴソしてみたが5円玉はなかった。

50円玉もなかったので100円玉を渡すことにした。

「このコインは日本のお守りだ。これを持っていると日本に来ることができる。このコインにはそういう力がある。」

そう言って100円玉を渡した。

彼は文明の利器を上手に使いながら、彼らしいキャリアを築いていくに違いない。

頼もしい少年と出会った。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。