計画された偶発性理論(キャリア理論)

クランボルツ教授の開き直り

実は大好きな理論です。

米国スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提唱したキャリア理論です。

この理論は、個人のキャリアほとんどは予想しない偶発的なことによって決定されていることが背景にあります。

だから、その予期せぬ偶然の出来事を学習の機会と捉えベストを尽くして対応する経験の積み重ねることが必要だ。

これによってより良いキャリアが形成されるはずだという理論です。

 

私がはじめてこの理論に触れたのは、キャリアコンサルタントの養成講座で学んだときです。

この時に感じたのは、

「開き直ったな」

という感想でした。

(クランボルツ教授、すいません。)

 

理論っていっても結局、先を考えてキャリアプランを作ったとしても世の中の動きが速すぎて役に立たないじゃないか。

そんな感じだと思います。

ある意味では開き直りにあっぱれです。

イノベーションによって産業構造が変わってしまうことは世界中で既に経験していることです。

変革のスピードが速くなっています。

だから、キャリアプランなんて立てようがないと提唱したことは功績だと思います。

 

なにせクランボルツ教授は当初、キャリア意思決定はそれ以前の学習体験に基づいて行われるという社会的学習理論を提唱していたのですから。

「学習する」ということに関しては一貫していてブレてはいません。

そもそも「学習する」ことを放棄することを良しとする学者はいないでしょう。

 

当初の理論である社会的学習理論でも「信念」についてフォーカスしています。

しかも、「自己についての信念」と「世界についての信念」の2種類があるとしています。

日本の若い世代は自己肯定感が著しく低いと言われています。

これは「自己についての信念」がどのような環境でどのように形成されてきたのかということと大いに関係します。

現代は情報にあふれ、あらゆる情報にアクセスすることができます。

ここで問題なのは自分の位置を確かめるために比較をしてしまうことです。

結果として、大抵は自己肯定感が下がってしまいます。

若い世代に「自己についての信念」が低いという事象は日本全体で考えると見過ごしてはならないように思います。

ただ、やみくもに自己肯定感を高めることには賛成できません。

いろいろな個性や人格を持った人たちがいますので合う合わないが当然あります。

そうは言っても放置してよいものでもありません。

自己肯定感が低いと社内、社外問わず、コミュニケーションに問題が発生する可能性が指摘されています。

 

また、クランボルツ教授は、人は信念の内容によっては問題を抱えやすくなると指摘しています。

たとえば、「上司は必ず部下に対して受容的に接しなければならない。」という信念を持っている人は、上司から厳しくされた場合は許すことができず、上司との関係を悪化させてしまうことが考えられます。

これは円滑なコミュニケーションを図るうえでマイナスに作用します。

部下との関係に悩んでいる上司はたくさんいます。

多くはコミュニケーションの仕方に問題があることを原因にあげますが、このケースにおいて一番の問題は部下の信念の内容です。

このことを理解せずにコミュニケーションをすることはより関係を悪化させてしまうでしょう。

難しいことですが、部下の世界観(信念・価値観・プログラム)を理解するというステップが必要です。

 

先の世の中がどうなるかなんて誰にも分かりません。

だからこそ、身近に起こることの一つ一つを学習の機会として真摯に向き合いベストを尽くすことが大切だとクランボルツ教授は言っています。

もう理論なんて高尚な表現は不要でしょう。

とにかく目の前の課題に全力で取り組め!

その経験が今後の役に立つから!

こんなことは近所のおじさんでも言いそうな感じがします。

それでもこれは立派なキャリア理論なんです。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属しますが、弊社に無断で転用、複製等することは大歓迎です。著作権法をご理解のうえ、バンバン拡散してください。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。