ヤンゴンで出会った少女たち

親切ビジネス?

ヤンゴンはミャンマーの大都会であるが、ひったくりに会う心配はほとんどない。

物を取られる危険性は感じられない。

もちろん自分が男性だからかもしれないが、都会特有のなんとなく狙われているようなヤバイ感じはしない。

パリやバルセロナで感じた「気をつけなきゃ」という感じがしないのだ。

ヤンゴンは他の都市とは違う。

そう安心していたころの話だ。

買い物を終えて、電車に乗ってホテルに戻ろうと思いヤンゴン中央駅にやってきた。

 

ヤンゴン中央駅

 

ヤンゴン環状線の中で一番大きな駅である。

マンダレーに向かう長距離列車もこの駅から出発することになっている。

駅が大きいせいか、他の駅とは勝手が違う。

目についた窓口に行って切符を求めるが、環状線の切符はここでは売っていないとのこと。

 

長距離列車の券売所

 

どうやら駅の構内に入ってから買うシステムのようだ。

階段をのぼり連絡通路を進んでいると係員がいたので切符はどこで買えるのか聞いてみた。

自分の発音が悪いせいか駅員に伝わっていないらしい。

するとそんなやり取りを見ていた少女2人がさっと近づいてきた。

目的の駅名を言うと、売り場まで案内してくれることになった。

親切な子たちだと思いながらついていくと、途中で200チャット出せと言う。

さっきも切符を買って正規料金は200チャットだと知っていたので安心して200チャットを渡した。

私は券売所に向かう親切な少女たちの後ろ姿を撮りたいと思いカメラを向けた。

 

私の切符を買うために券売所に向かう少女たち。

 

彼女たちはちゃんと切符を買ってきてくれた。

同時にやっぱりミャンマーは他の国とは違うんだと感心しながら切符を受け取った。

お礼として飴ちゃんでもあげようかと思いカバンの中をゴソゴソさがしていると、水を買ってくれという。

えっ?

これはもしや…

『地球の歩き方・ミャンマー(ビルマ)』の「ミャンマー旅行のトラブル」について書かれてあった注意書きを思い出した。

親切や善意の行為と思って依頼するとコミッションを取られて不愉快に思う旅行者が多いから注意せよと。

私はこの当事者になってしまったのだろうか。

 

水はある。さっきコンビニで、ポカリスエット?のようなドリンクを700チャット(約56円)で買い、さらに水を300チャット(約24円)で買ったばかりだ。

水には困ってないと思いながら、いくらなのか聞くと200チャット(約16円)だという。

安いじゃないか。

不当な価格とは全く思わなかった。

これが500チャット(約40円)だと親切・善意のサービス料金が結構上乗せされていると思うところだが。

 

自分のケチ臭さに閉口しつつ、価格の正当性についてあれこれ考えていた。

気づくと、目の前にペットボトルの水とお金ちょーだいの手が差し出されている。

分かってるよ。

切符を買うお手伝いをしてくれたんだ。

喜んで払うよ。

200チャットのお礼なんて安いもんじゃないか。

 

そう納得しながら財布をゴソゴソしていると、手持ちの一番小さな紙幣が1000チャット札(約80円)であることに気付いた。

お釣りが発生する。

間に合うだろうか?

 

駅員がもうすぐ電車が出発するとの合図をしている。

急がなければ。

しかし、1000チャット札を渡したら800チャット(約64円)のお釣りをもらわなければならない。

そうじゃないと1000チャットの水では、さっきのコンビニで買った水よりも高くなってしまうではないか。

駅員に自分はこの電車に乗るつもりだとバタついたボディーランゲージで伝えてみたが、電車は今にも出発しそうだった。

もうお礼なんだからいくらでもいいじゃなかと割り切り、1000チャットを手渡し水を受け取った。

そして急いで電車に飛び乗った。

 

少女たちを見るとお釣りが発生していることに困惑しているようだった。

元締めらしきお兄さんのところで何かを話している。

電車はゆっくり動き出した。

彼女たちがだんだん小さくなっていく。

 

彼女たちは200チャットという正当な価格で水を買ってもらいたかっただけなのだ。

『地球の歩き方・ミャンマー(ビルマ)』に書いてあるような親切詐欺なんかではない。

いきなり売るより、何か役に立つことをしてあげてから買ってもらう方が合理的だという判断なのだろう。

カルディの店員が、店頭でコーヒーをプレゼントしていることと何ら変わるところはない。

 

ここでは立派なビジネスとして成立している。

だからこそちゃんとお釣りを渡そうとしていたのだ。

彼女たちは学校に行かずにペットボトルの水を売る仕事をしている。

家庭などいろいろ事情があるのかもしれない。

彼女たちは与えられた役割、水を売るという役割を負っている。

そしてその役割をしっかり果たしている。

まだまだ産業が未成熟なこの国で、彼女たちは彼女たちなりにキャリアを積んでいるのだ。

この出来事が、未知の国ミャンマーへの誘いのように感じられた。

この国の人たちにますます愛着が湧いてきた。

やっぱりミャンマーは他の国と違うのだ。

私は3本のペットボトルを見つめながらそう思った。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属しますが、弊社に無断で転用、複製等することは大歓迎です。著作権法をご理解のうえ、バンバン拡散してください。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。