ヤンゴンで出会った少年たち

ヤンゴンの喫茶店

ヤンゴンの喫茶店に入った。

ドアも窓もない開放的なお店だ。

もちろんエアコンはない。

弱々しく扇風機が回っているが暑い空気をかき混ぜているようにしか見えない。

観光客らしき人は見当たらず、みな地元の人たちのようだ。

 

ヤンゴン喫茶店

観光客がほとんど来ない喫茶店。

 

あとでそもそも観光客があまり来ないエリアだと聞いた。

11月だがとても暑い。

汗が噴き出てくる。

拭いても拭いても出てくる汗を拭っていると店員がオーダーを取りに来た。

少年だった。

年のころは9~11歳くらいだろうか。

チャイを注文すると、しばらくしてその少年がチャイを持って来てくれた。

通訳を介して、一緒に写真を撮ろうと言ったら応じてくれた。

 

ヤンゴン喫茶店

喫茶店で働いている少年。また彼に会いたい…。

 

握手をしたらしばらく我々の傍から離れなかった。

こんなときミャンマー語で話すことができればなあと考えながら店内を見渡してみると、店員はほぼすべて子供たちであることに気付いた。

中央に番頭さんのような女性がデンと座っているが、他は小学生くらいの年齢の子たちが10人ほど働いていた。

ヤンゴンではよく見かける光景だ。

家庭の事情で働きに出てきているのだとか。

親のために子どもが働くのはごく自然なことのようだ。

学校はどうしているのか気になったが聞かなかった。

日本とは事情が異なるのだ。

通訳をしてくれたのは日本語ペラペラのチョウさん。

チョウさんは20年以上日本に住んでいるのだが、日本で気になるのは高齢者が至る所で働いていることだそうだ。

日本人からは当たり前の光景だが、日本の生活が長いとはいえミャンマー人から見ると敬うべき年配者がいつまでも働いていることに違和感があるとのこと。

改めて考えてみるとそうかもしれない。

世界からみたら一億総活躍社会っておかしなことなのだろう。

先進国でありながら一生働き続けることを求められるなんて…。

それでも日本の事情というものがある。

国の事情、家庭の事情によっては年齢に関係なく働かなくてはいけないのだ。

 

少年たちの未来

私にとってミャンマーのチャイは正直甘すぎた。

食べた分だけ支払うスイーツもあるが、これも甘いし油っこい。

暑い国は甘いものが好まれるというがそのとおりだと思った。

チャイはあまりスパイスが効いてないないように感じた。

もしかしたら甘味がスパイスを消してしまったのかもしれない。

テーブルにはポットが置いてあり、中身はお茶だ。

このお茶が取り過ぎた糖分を薄めてくれるような気がした。

サービスということで何杯かいただいた。

薄めのウーロン茶のような味わいだ。

 

暑い国で熱いチャイを飲みながら思った。

またこの店を訪れたときあの少年はまだ働いているのだろうか。

ここで出会った少年たちはどのような大人になっていくのだろうかと。

 

家庭などの事情で幼いながら働いている。

働いているという認識はないのかもしれない。

ただ家族を助けるという認識なのかもしれない。

役割を与えられ、その役割を認識し、その役割をしっかり果たしている。

彼らは、まだまだ産業が未成熟なこの国で、彼らなりにキャリアを積んでいるのだ。

きっとたくましい大人になるに違いない。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。