職場のコミュニケーションが楽になる方法

「相手ファースト」

「天国と地獄」でお伝えしましたが、お坊さんは聴くことが大事だとは言っていません。

他人に食べさせてあげることが一番のメッセージでもありません。

解釈はいろいろあると思いますが、私の解釈では「自分がしてほしいことがあれば、そのことをまず他人にしてあげなさい」ということです。

現東京都知事風に表現すると「相手ファースト」とでもいいましょうか。

それはいいとして、これはとても汎用性のある奥深いメッセージだと思っています。

ビジネスだけではありません。地域でも子育てや夫婦間でも応用可能です。

「自分がしてほしいことがあれば、そのことをまず他人にしてあげなさい」ということがこれほど大事なことなのに、私はこれを学ばずに生きてきました。

学校でも家庭でも会社でも、今まで学ぶ機会がなかったのです。

私が学んだ時はもまもなく人生の正午を迎える頃でした。

 

人は皆異なる世界に生きている

聴けば聴いてくれるというのはそのとおりです。

自分の話を聴いてほしいのなら、まずは相手の話を聴きなさいということです。

他者とのコミュニケ―ションにおいて「聴く」ことが効果的であることは確かです。

学校では教えてくれなかったことです。

 

この他にも、もう一つ、私たちが教わってこなかったことがあります。

そもそも、これは大前提として大切なお話です。

 

人は皆、異なる世界に生きている。

 

全く同じ世界に生きていると思うのは錯覚です。

見えているもの、感じているものは、人によってすべて異なっています。

なぜなのでしょうか?

 

それは、育った環境によって作られた信念・価値観・プログラムが人それぞれ異なるからです。

誰もが異なった世界(観)に生きています。

外国人のことを言っているのではありません。

日本人同士でもそうです。

夫婦であっても同じ世界には生きていません。

一緒に生活していることは事実ですが、別々の世界に生きているのです。

 

もちろん似ている価値観を持つ人はたくさんいます。

似ている価値観を共有すると共感がうまれます。

このとき、お互いに好感をもつことでしょう。

 

一方、「あの人とは話が合わない。」といった話を聞きます。

しかし、これも自然なことです。

残念なことではありません。

 

そもそも自然と分かり合えることは難しいのです。

分かり合えなくて当然です。

だからこそ、お互いの(見えている)世界を理解していくことが必要になるのです。

そう理解するだけで職場のコミュニケーションが変わってくると思いませんか。

自分の世界を理解してもらえたときはうれしいはずです。

そのうれしい瞬間がたくさん生まれたらすばらしいですね。

 

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。