ヤンゴンで活躍する日本の電車

ミャンマーの大都会ヤンゴンには鉄道が走っている。

東京の山手線のように環状線だ。

山手線よりもさらに細長い楕円形をしている。

1週するのに約3時間かかる。

とてもスローな鉄道なのだ。

 

このヤンゴンの地で日本の列車は走り続けている。

ミャンマーは日本から古くなった列車を譲り受けていた。

その列車が今も現役として活躍しているのだ。

私はその姿を一目見たいと思っていた。

そしてその機会が訪れた。

 

ヤンゴン鉄道

Phaya Lan Train Station 列車がホームに入ってきた。

 

運行本数が少ないため次の列車が来るまで結構時間がある。

東京の山手線の感覚で待っていてはいけない。

発展途上の国のことである。

気長に待つことが精神衛生上とても大切だ。

 

ゆくっり待っていると遠くから列車が見えてきた。

だんだん近づいてきて行き先案内版の文字が見る。

あれ?

ミャンマー文字ではない。

何て書いてあるんだろう。

漢字だ!

「久留里線」

と書かれている。

 

久留里線は千葉県木更津市の木更津駅から君津市の上総亀山駅までを結ぶ路線だ。

かつてその地を走っていた列車が今はヤンゴンの環状線を走っている。

本当に走っているんだ。

何か熱いものがこみ上げてきた。

 

ヤンゴン鉄道

行先表示版に日本語が書いてあります。

 

写真は小さくて見にくいことでしょう。

でも確かに「久留里線」と書かれている。

 

ヤンゴン鉄道

かつて千葉県内を走っていた久留里線車両。

 

ヤンゴンで走っているのは正確には電車ではない。

電気で走っているのではないのだ。

まだまだミャンマーでは電力需要に追いついていない。

時々停電もある。

電気がないとどうなるかというと。

ドアの開け閉めができないのだ。

だから最初から開けておく。

閉まることはない。

それは走っている時も。

 

ヤンゴン鉄道

お気を付けください。走行中も両サイドのドアを開けたまま走ります。

 

ドア全開で走るのだ。

乗客は落ちないように気をつけなければならない。

要注意だ。

 

次に現れた列車は「岐阜」と書かれている。

名古屋や米原を結ぶ電車だったのではないだろうか。

こちらも未だ現役として頑張っている。

 

ヤンゴン鉄道

今度は「岐阜」です。連結部分も解放しています。

 

どんな列車が来るのか、

行き先表示版には何て書かれているのか、

そんなことを知りたくて、しばらく駅で列車を待ち続けた。

 

待ち続けたご褒美なのだろうか。

最後にすばらしい列車が入ってきた。

驚きのあまり手が震えた。

そのせいでシャッターを切るときにぶれてしまった。

はっきりした写真が撮れなくて残念。

 

行き先表示版に書かれていたのは↓

 

ヤンゴン鉄道

この列車を見たらその日は良いことがあるでしょう。

 

「 試運転 」

 

ミャンマー万歳!

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。