ミャンマーの恋愛事情

はじめてミャンマーを訪れる前に、多少知識を仕入れておこうと思いある本を読んだ。

『ミャンマーを知るための60章』(明石書店)だ。

これはシリーズになっていて100以上の国と地域が紹介されている。

知りたい国があるときは、このシリーズの本を図書館で借りてよく読んでいた。

その国に関わりのある専門家が解説しているため非常に参考になる良書だ。

今回はミャンマー版である。

 

 

ミャンマーについて知っていることなんてごく僅かだった。

ほとんど何も知らないに等しい。

白紙の状態から政治・経済・文化・歴史、何でも学ぼうと思い読みはじめた。

 

フムフムと順調に読み進んでいったのだが、あるところでブレーキがかかった。

この手の本は途中息抜きがてらコラムを差し挟んだりする。

この本にもコラムがあった。

そのコラムは『「男と女」-いろいろな恋愛』というタイトルだった。

実際にミャンマーで生活していた阿雲登美子さんという方が寄せたものだ。

阿雲さんは、毎日ミャンマーの家庭料理を食べ、ミャンマー語を覚え、アパートを借り、地元の広告代理店に勤務していたとのこと。

深くミャンマー社会に溶け込んでいることが分かる。

その阿雲さんのコラムでは、彼女の友人知人たちによる奔放な恋愛事情が3ページに渡って紹介されている。

半分は、不倫の話である。

 

ミャンマーの恋愛事情についてはそれほど関心がなかった。

そもそも敬虔な仏教国であるミャンマーにおいては、とても慎ましいものであろうと勝手に想像していた。

だから不倫の話には少なからず驚いた。

しかし、不倫の話がたくさん載っているからといって、原則と例外を読み違えてはいけない。

実際にコラムの中でも、交際することは結婚することが前提であると書かれている。

こちらが原則だ。

結婚を前提としない自由恋愛は世間も親も認めず、親同士で結婚を決めてしまうこともあるそうだ。

そこには民族の問題が関係していたりする。

 

阿雲さんも、やっぱりミャンマーでは恋愛に自由がないとの印象をお持ちだった。

それだけに恋愛するには「勇気と覚悟がいる」のだと。

結婚前であろうと結婚後であろうと、本気で恋愛をしている。

阿雲さんは、彼らが真剣に真面目に恋愛している姿がとても美しいのだと表現されている。

これはミャンマーという国が恋愛に関していかに抑圧的で自由がないのかを表しているように思える。

ミャンマー社会に深く溶け込んだ阿雲さんだからこそ書ける貴重なコラムだ。

 

早朝、ヤンゴンでお散歩しているとき、そのコラムの話のことはすっかり忘れていた。

それよりも、見るものすべてが新鮮で好奇心が満たされはじめていた。

 

そんなとき、向こうから若いカップルが歩いてきた。

朝から仲良く手をつないでいる。

いや、少し強引に女の子の手を引っ張っているような。

ミャンマーのチャラ男だろうか。

朝っぱらからかなり大胆である。

 

私は彼らとのすれ違いざまに、あのコラムを思い出した。

ミャンマーで恋愛するには「勇気と覚悟がいる」ことを。

 

 

彼らとすれ違ったあと、私は思わず後ろを振り返った。

そして、彼らのうしろ姿を見ながら思った。

 

誤解してはいけない。

彼らはチャラいカップルなんかではない。

勇気と覚悟を持って恋愛している。

抑圧された伝統社会の中で逞しく恋をしているのだ。

 

そんな環境で恋愛をしたことがあるだろうか。

後姿を見つめているうちに、若い彼らに尊敬の念すら湧いてきた。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。