ヤンゴン中央駅

 

ミャンマーの大都会ヤンゴンには環状線の鉄道が走っている。

東京の山手線のように楕円形だ。

1周はおよそ46キロ、全部で38駅。

1周するのに約3時間ほどかかる。

なにしろ平均時速が15キロなのだから時間がかかるのは当然だ。

最近日本で多く見かける Uber Eats の自転車の方がよっぽど早いだろう。

料金は1回乗るごとに200チャット。

日本円で20円もしない額だ。

 

 

この鉄道の中心となる駅がヤンゴン中央駅だ。

ミャンマー国内を走る長距離鉄道もこのヤンゴン中央駅から出発する。

ミャンマー北部に第二の都市マンダレーがある。

日本でいうと京都のような位置づけの都市だ。

現在は1日に3本運行されている。

ヤンゴン~マンダレー間の所要時間は15~16時間ほど。

かなり時間がかかる。

実は現在、日本のJICAの協力で鉄道整備事業が行われている。

これが完成すると、2020年にはヤンゴン~マンダレー間の所要時間は8時間に短縮される予定とのこと。

完成が待ち遠しい。

 

さて、ヤンゴン中央駅である。

さすがにミャンマー最大の駅とあって多くの人が利用している。

私が環状線に乗ったとき、ヤンゴン中央駅に近づくにつれ乗客が増えていった。

ヤンゴン中央駅で降りて買い物に行く人もいるだろう。

また、乗り換えてマンダレー方面に向かう人もいるだろう。

とにかく人の往来の激しい駅だ。

ヤンゴンは700万人都市だと言われている。

東京都の半分ほどの人口だが、ヤンゴンにある鉄道はこの環状線だけだ。

人が多くて当たり前なのだ。

 

 

 

これだけ乗客が多いとカメラを向けにくい。

立ち止まっていると邪魔になるのだ。

撮影にいい場所はないか探していると一人の少年が目に入った。

サッカーボールを手に持っている。

これから練習に行くのだろうか。

さあ列車に乗ろうというタイミングでカメラを向けた。

すると彼はこちらを見つめてしばらく静止してくれた。

すばらしいサービス精神だ。

このチャンスを逃さずパチリ。

 

 

私は彼のところへ向かった。

「ここに写っているのは君だよ」と伝えた。

彼は何だか気恥ずかしそうにしていた。

小学校の3年生くらいだろうか。

ミャンマー語ができればいろいろお話をしたいところだ。

 

彼は今どんな生活をしているのだろうか。

学校は楽しいのだろうか。

友達はたくさんいるのだろうか。

将来何になりたいのだろうか。

 

ミャンマーはとてつもないポテンシャルを持った国だ。

今の子供たちは過去苦しい時代を生き延びた誇り高き民族のDNAを受け継いでいる。

彼はきっと逞しく生きていくに違いない。

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属しますが、弊社に無断で転用、複製等することは大歓迎です。著作権法をご理解のうえ、バンバン拡散してください。