はじめてのヤンゴン

ヤンゴン到着

ヤンゴン国際空港

ヤンゴン国際空港

 

現地時間18時30分ごろ。

私はヤンゴン国際空港に到着した。

最初の印象は空港の職員が若いということだった。

高校生か大学生くらいに見える。

私が急に年を取ったわけではあるまい。

気のせいなのか。

しかし若さを感じたことは間違いない。

 

空港はとてもきれいだった。

昔は大変な空港だったらしいのだが、現在はとても清潔感がある。

ミャンマーは軍国主義というイメージが強い。

もちろん現在は民主主義国家である。

ようやく民主国家として歩みはじめたところだ。

 

ベトナム空港の職員が無表情すぎたのでミャンマーも同じではないかと予想していた。

しかし、その予想は外れた。

意外なのだが、入国審査官は女性が多い。

中堅クラスだろうか。

皆さんやや厳しい面持ちではある。

重要な任務なだけにベテランが多いのも頷ける。

ベトナムと比べると柔らかい表情であるように感じた。

はじめてのミャンマーでドキドキしたが、無事入国することができた。

荷物とも無事再会。

 

空港の外に出る。

11月のミャンマーは乾季だと聞いていたがやや蒸した感じがする。

結構湿度が高そうだ。

それと表現は難しいのだがその土地特有のにおいがする。

異国の地に来たことを実感する。

 

ホテルに到着。

 

宿泊先

Hotel Grand United

 

ここが気に入り、以後何度も使うことになる。

なんだかんだ言ってもはじめてのミャンマーである。

多少の疲れを感じていた。

しかし、チェックインを済ませたあと、さっそく夜の散歩に出かけることにした。

いろいろ見たくて仕方がないのだ。

カメラを持って外に出た。

 

屋台から宿泊先ホテルを望む。

屋台から宿泊先ホテルのエントランスが見える。

 

街灯が少ない。

建物の明かりが外を照らす役割を担っているように見える。

 

空港からホテルに向かう道中でも感じたのだが、ヤンゴンはとにかく車が多い。

驚くことに90%以上が日本車だと聞いた。

ミャンマーの人は日本車が大好きなのだ。

性能に対する安心感があるとのこと。

トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、なんでもある。

ほとんどは中古車である。

レクサスともよくすれ違った。

難点はクラクションを頻繁に鳴らすことだ。

知り合いとの挨拶にも、注意喚起としても鳴らしていて、はっきり言ってうるさい。

 

ホテル周辺は繁華街ではなかった。

それでもいろいろな屋台が並んでいる。

どんな料理なのだろうか。

鶏を油で揚げているお店があった。

ワイルドで美味しそうだ。

しかし、あいにく2度の機内食でお腹は満たされていた。

ほとほどに散歩をして切り上げることにした。

 

ミャンマー通貨であるチャットの使い方?を練習しようとスーパーに向かった。

だいたい100チャットが8円くらいのレートだ。

自然とビールコーナーに足が向かう。

ミャンマーのビールはどんな味なのだろうか。

とりあえず練習ということで2本のビールを買うことにした。

 

ミャンマービール

左がABCスタウト、右がMyanmarラガービール

 

左の黒ビールが 1,500チャット、右のピルスナータイプが 1,050チャット。

合計 2,550チャット。

日本円にして 200円ほどだ。

安い。

はじめてのヤンゴンの夜に乾杯だ。

 

つづく

 

 

Author
この記事の執筆者
西ヶ谷紀之 【 国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士 】
弊社ホームページに掲載されている記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、弊社ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として株式会社葵マネジメントに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。

 

 

 

外国人雇用については AOI の行政書士・社会保険労務士にお問い合わせください。

キャリアの専門家であるキャリアコンサルタント、入国管理法専門の行政書士、外国人雇用に精通した社会保険労務士、これらの資格を持つコンサルタントがご対応します。外国人を雇用する方法は一つではありません。まずは貴社の経営方針をお聞かせください。一緒に貴社に最適な雇用方法を見つけていきましょう。日本全国の企業様、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。